他のED治療薬と比べて、バイアグラはどんな特徴を持つ?

バイアグラとは
バイアグラとは、アメリカのファイザー社によって開発されてきたED治療薬です。1998年に世界に向けて初めて発売されたので、世界の第一位のED治療薬とされています。アメリカでの発売から1年後の1999年1月25日に日本で製造販売承認を取得、同年3月23日に日本でも販売が開始されることになったのです。バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発されていたのですが、その研究過程で勃起補助の作用が見つかったという経緯があります。ED治療に優れた効果があるため、多くの人に愛用されています。

バイアグラの特徴
他の二つのED治療薬と比べて、バイアグラは本身のいろいろな特徴があります。まず、バイアグラは最初のED治療薬として含まれているシルデナフィルという成分は勃起に強い効果があります。具体的に言えば、ペニスにある海綿体の中にある血管を拡張させる物質であるサイクリックGMPが分解して壊されないように、分解する物質であるPDE5という酵素の働きを抑制させる効果があることで、身体の血液が十分にペニスに集まり、静脈を圧迫することでセックスが行えるまでの硬さと行為中に萎えてしまうことがないように維持することが出来るようになりました。

また、バイアグラは食事に影響されやすいと言われていますが、最大限の効果を得るためにできるだけ空腹時に服用することが望ましいとされています。バイアグラの副作用ももっと大きいと認められています。バイアグラを使用することにより、顔面紅潮(顔のほてり)頭痛、めまい、鼻閉、消化不良等の副作用があります。