バイアグラを飲んでから持続時間は?

バイアグラは内服してどのくらいで効果が現れ、その効果はどれくらい持続するのでしょうか。どのタイミングでバイアグラを服用するかが、勃起の効果や持続時間を考えるとかなり重要です。

性行為前に服用することで男性器の勃起は復活しますが、持続時間は個人差があると言われています。そこでバイアグラによる効果と持続時間についてまとめてみました。

基本的にはバイアグラ50mgは通販でも処方でも、男性への勃起の効果の持続時間は最長でも5~6時間と言われています。一般的に夜の12時くらいに性行為が行われると考えれば、空腹時の夜ご飯の前に飲んでおけば平均的にも、効き具合は間違いないのではないでしょうか。

・持続時間は約4時間程度

バイアグラの効果が持続する時間は個人差がありますが、約4時間30分が半減期と言われています。勃起を繰り返すことができるのは4時間の間ですが、4時間後に追加して服用すれば、限りなく持続時間を増やすことができます。4時間あれば途中に休憩することも、おそらくあると思いますので、その時に飲めばいいでしょう。

・持続効果には血中濃度が関係している。

薬の持続時間というのは有効血中濃度によって違い、個人差があります。血中濃度が高い期間が長ければ、効果が長く持続することになります。また、血中濃度は血液量と服用量に比例するので、体重の軽い人は長時間効いているということになりますが、逆に血中濃度が上がりすぎて、有効血中濃度を必要以上に上回って副作用が出やすいほどの高い血中濃度に達する危険性もあるといえます。

今回、紹介した記事でも持続時間の平均は約4時間程度、最長でも6時間程度のようです。効果が薄れてから更に服用することは血圧を上げ、心臓にも負担をかけることになります。

その点を注意してバイアグラの服用は性行為前の1回に留めるのが最善といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です