バイアグラの副作用

バイアグラとは、1998年にアメリカのファイザー社に開発されたED治療薬です。バイアグラは全世界で発売されることもED治療薬の製品化を代表しています。それで、バイアグラはED治療薬の元祖とされています。また、バイアグラに継いてレビトラ、シアリスが次々にED治療薬の市場に登場していました。バイアグラはレビトラ、シアリスと一緒に三大ED治療薬と呼ばれています。

バイアグラの副作用がおもに顔のほてり、目の充血、頭痛、めまい、鼻づまり、動悸、胸焼け、胃のむかつきと下痢などの表現があります。それらの副作用は一般的に効果の4~5時間の作用時間以外に改善させることができます。それで、そんなに心配する必要はありません。個人差によって重篤な副作用が生じる場合、早めに検査を受けて治療方法を求めてください。

もし一定時間を経過しても副作用が治まらない場合は、すぐ病院で診察を受けてください。

また、心血管系の病気を持っている人がバイアグラを服用するとひどい副作用が現れるケースがあります。心筋梗塞や心臓突然死といった非常に重篤な副作用が発生する恐れがあります。これ以外にも、脳梗塞・心筋梗塞・心不全などの既往歴がある場合、肝 臓障害や腎不全を患っている場合、不整脈・低血圧・高血圧の場合なども、重篤な副作用が発生する可能性があることから服用の禁止あるいは制限がされます。バイアグラの服用は、低血压事を招く可能性があります。故防止のために自動車の運転は控えるようにしょう。