バイアグラが効かない原因は?

勃起不全いわゆるEDを解消するのに役立つ薬として有名なバイアグラが効かないと悩んでいませんか?なぜでしょうか?ここで、原因を調べて確認します。

★バイアグラが偽物ではないか確認する

バイアグラを通販で購入した場合、偽物の可能性があるので服用を一度止めましょう。偽物には成分比が若干異なっているものや、色だけ同じで全く違う成分が含まれているものなど、さまざまです。

当然、効果がでないだけでなく、健康被害を出してしまう可能性もあります。飲んで効果が出なかったのはラッキーなのかもしれません。

★バイアグラが効かない人のタイプ

バイアグラの有効成分シルデナフィルの作用は、別の所でも述べたましたが、簡単にいえば「勃起を抑える機構を抑えることで勃起しやすくする」というものです。

直接勃起を促すわけではないので、バイアグラを飲んでも即勃起をするわけではない、これが大前提です。そして、シルデナフィルが作用する「勃起を抑える機構」は、主に海綿体への血液流入量を調節している機構です。

すなわち、血流関係に問題が出ている、機能が衰えている、勃起機能を抑制機能が上回ってしまっているようなタイプの勃起不全が、バイアグラの適応症です。

このタイプの勃起不全は、加齢による動脈硬化、もしくは糖尿病による動脈硬化によって引き起こされることが多いと言えます。

糖尿病もそうですが、加齢による動脈硬化は万人に共通するので、自然とバイアグラが効く人も多くなるというわけです。

もちろん、飲み方だけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病で効かないという場合もあります。

★バイアグラの飲み方が正しいか確認する

バイアグラは空腹時に服用しなければ、効果が薄くなってしまうことをご存知でしたか?一般的な薬とは違い、バイアグラはその吸収をよくするためにも空腹時に服用するのが適切なのです。目安としては食前1時間前、食後5時間後に服用すると、満足のいく効果が期待できるでしょう。また、アルコールを飲み過ぎた場合も同じようにバイアグラの効果が現れない時があります。アルコールにより麻痺された脳の中枢神経は性興奮を的確に受信することが出来ず、勃起させる命令を出来なくなってしまうのです。性行為の前のアルコールはほろ酔いぐらいで抑えておくのが良いでしょう。少しの量ならセックスの前のムードを盛り上げたりリラックス効果をもたらし、勃起もしやすくなります。

しかし、正しく服用したのにもかかわらず効果が現れない、という方もいます。薬の効き目には当然個人差があるものですが、そうではなく、バイアグラの効能が働いても勃起しない、という方もいるのです。

★精神・性欲減退

バイアグラには精神的作用が一切ありませんので、こうした心因性のものに対しては理屈上効果ゼロです。

ただ、勃起能力への不安が更にストレスと緊張を呼び、心因性の勃起を加速させているというような場合は、「バイアグラを使っている」という事実そのものが助けになって、改善が見られる場合もあります。

効果が薄いのは、体力や活力自体が落ちているパターンや、神経系に問題が有るパターンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です