バイアグラの関連情報について

バイアグラとは
バイアグラとは、1998年にアメリカのファイザー社に開発されたED治療薬です。バイアグラは全世界で発売されることもED治療薬の製品化を代表しています。それで、バイアグラはED治療薬の元祖とされています。また、バイアグラに継いてレビトラ、シアリスが次々にED治療薬の市場に登場していました。バイアグラはレビトラ、シアリスと一緒に三大ED治療薬と呼ばれています。

バイアグラの成分と効果
バイアグラの有効成分はシルデナフィルという化学合成物質です。シルデナフィルは元々、狭心症の治療のために開発されたものですが、意外に陰茎に作用があることが発見されてED治療薬の主成分として用いられています。

また、バイアグラの効果というと、シルデナフィルもPDE5阻害薬とされています。すなわち、勃起を妨げる作用があるPDE5の働きを抑制することができます。それによってペニスの海綿体平滑筋の緊張を緩和したり、血流を良くさせたり、十分な勃起を促進したりする効果があります。

バイアグラの規格と服用
バイアグラの服用について、一般的に1日1錠の服用量が決められていましたが、今の市場でバイアグラの規格は25mg、50mgと100mgという三種類があります。大多数の人にとって、バイアグラ25mg、50mgの場合、1日1錠の服用量は大丈夫だと認められています。バイアグラ100mgを利用する前に医師と相談する必要があります。原則的に自分の状況によって適量服用は一番いいですが、初心者にとって、最小量の25mgから始まることはオススメです。

服用タイミングなら、性行為の1時間前に水や清涼飲料で服用します。バイアグラの効果を十分に発揮できるために、空腹時に服用したほうがいいと考えられています。服用後、30分ぐらいで効果が現れ始まることができます。また、効果の持続時間は4~5時間ほどに達します。服用後は24時間以上開けるようにして下さい。他には、注意すべきなのは、シルデナフィルはバイアグラの有効成分として最初、狭心症の病気の治療を目的として開発されたものであるため、狭心症の薬と併用して使用すると、急激に血圧を低下させるリスクがあるかもしれませんから、注意してください。

バイアグラの副作用
バイアグラの副作用がおもに顔のほてり、目の充血、頭痛、めまい、鼻づまり、動悸、胸焼け、胃のむかつきと下痢などの表現があります。それらの副作用は一般的に効果の4~5時間の作用時間以外に改善させることができます。それで、そんなに心配する必要はありません。個人差によって重篤な副作用が生じる場合、早めに検査を受けて治療方法を求めてください。